音源とその規格1(GM GM2 GS XG)

MIDIは電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送する為の世界共通の規格ですが。

そのMIDIを使って出す音源にも規格を定めているものがあります。

代表的な規格を紹介していきましょう。

 

GM(General MIDI)

簡単に言えば、MIDI規格での取り決めをさらにもっと細かいところまで決めようという規格。

主に4つの基本使用がある。

  • 16パートのマルチ音源で、各パートがMIDIチャンネルの1~16に対応している。また、チャンネル10がリズム専用のチャンネルになっている。
  • 最大同時発音数が、トータルで24以上、またはメロディ16以上+リズム8以上ある。
  • GMサウンドセットで決められたメロディ用の128音色と、リズムの47音色を内蔵している。これらの音色については、音色配列もしっかりと規定されている。
  • 最低限受信するMIDIメッセージが決められている。

昔はMIDI自体には音色、演奏表現などを細かく決まりが無かった為他のメーカーの音源にして再生すると意図した楽器ではない音で再生されていた。

そのようなトラブルを回避する為に1991年に誕生。

 

GM2(General MIDI2)

GMの上位規格。1999年に制定。

 

GS

ROLANDが推奨している規格。

 

XG

YAMAHAが推奨している規格。

 

ちなみにGSとはローランドが提唱した規格で、GMの元になったフォーマット

XGはGM規格の拡張バージョン。

 

以上、代表的な規格を例に挙げました。

このような規格が出来たおかげで作成したデータの相互利用が可能になり、通信カラオケ、ゲーム、携帯の着メロまで音楽データのビジネスが大きく躍進しました。

個人的な見解ですが、より音楽的で細かい表現をやろうとすれば大まかな規格の中では表現しきれない部分が多く存在します。

あくまでマルチメディアの利用を考えた上で広まった規格だという事を覚えておきましょう。

プラグイン音源の規格に関しては別途記載します。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>