コード表記

ポピュラー音楽でよく目にするコード表記。

何気なく目にすると思いますが表記にはちょっとしたルールがあります。

まずこちらを見てみましょう。

それぞれ音符を重ねてコードを作った時どの度数の特徴を表しているか場所ごとに表記しています。

コード表記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rはルート(根音)、3には三度の特徴を決めるm(マイナー)が入ります

※場合によってはsus4(サスフォー)aug(オーギュメント)dim(ディミニッシュ)などの表記がされます。

その横には6度、7度、上には5度、もしくはT(7度より上のテンション)が入ります。

 

それでは例にそって少し見ていきましょう。次を見てください。

C

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは基本。例はCコード。

構成はC(ルート)E(長3度)G(完全5度)です。

ここで注目なのはメージャーコードの場合3度と5度は省略され表記されません。

表記する場合は3度がフラットして短3度(マイナー)になった場合に「m」

5度がフラットして短5度になった時に「ー5」などと表記します。

次の図はCmの表記例です。

Cm

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

 

次はその横の6、7の位置です。

図の例はCm7です。

cm7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構成はC(ルート)E♭(短3度)G(完全5度)F(短7度)

ここで注目なのは7度です。短7度ですからmなんですがこれは省略します。

逆にCM7(シーメジャーセブンス)は長7度は省略せずM7と表記して区別します。

6度はそのまま「6」と表記されるので問題ないと思います。

 

次はテンションです 。

例はC9です。

C9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際はルートの右上5度付近に書かれる事が多いです。

※5度と区別したいのでこの位置に書いています。

種類は9、♭9、♯9、11、♯11、13、♭13が上げられます。

 

このように表記には一定の規則があり、楽譜をみんなで共有する時にこのルールがあるおかげで迷わず演奏が出来る訳です。

とは言え、採譜には多くのローカルルールが存在します。

私はセッションに行くのですが、手書きの楽譜は時々同じコードでも違う表記がされていたりします。

例えば「m」を「ー」と表記したり、dim(ディミニッシュ)を「○」と表現したり様々です。

これもコード表記の面白いところかもしれませんね♪

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>